うるさいママのエビ日記

うるさいママのエビ日記です。 子供三人と旦那・エビを飼育中です。 水槽をのんびり眺めるのが自分の時間です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モアイのくしゃみ

我が家のウーパ水槽

070730_1819~0001.jpg


そこに息子の入れたモアイが幅を利かせております



070730_1820~0001.jpg


で、このモアイ

たまにくしゃみをする様で

お恥ずかしいお顔になります



070730_1817~0001.jpg

スポンサーサイト

暑いです 事故には気をつけて(×.×)y-~~~

数年前の話になります。

我が家で修行した方が吉祥寺に支店を出す事になりました。

大きな体で不器用な人

その方は小さい頃に病気でホルモン注射を打ったことがあるそうで

ビックリする程に全身が毛だらけ

その奥様が「生えてないのは頭のてっぺんとアソコの先だけよ」

なんて話題が出るほど毛が濃い方でした。

暑い夏の日の朝、その奥様から

「主人が麺機に手を取られ指を落としました」って

数日、店を休む事になりますと言う連絡が

一月ほど経ったころでしょうか

「飲食店をやっている以上指が無いのはとお医者さんに相談して
 
 お尻のお肉を指に移植して切り離す手術を受けると・・」

手術後、主人と二人でお見舞いに行きました。

元気そうで指も思いのほか器用に動くと喜んでいました

しかーし 一つ難点が

そうなんです

な・なんと

指先から が生えて来たのです

その方は髭と一緒に指先を毎日電気カミソリでお手入れする事になりました。

皆さんも事故にはくれぐれも気をつけて

エビさん同様暑い夏をのりきりましょうね

なぜ?(゜_。)?(。_゜)? エビネタが無いのか?∑( ̄口 ̄;)

最近、エビネタから遠ざかっているのは

エビネタが無いんです

なんでって はい

0001.jpg


0004.jpg



0005.jpg


どの水槽もエビよりスネールの方が

それなりの子も最近は見えるのですが

コレと言って水質には問題なさそうで

エアコン掛けて仕事に出てますが

やはり夏を感じてるんでしょう

数は少ないですがチビもチラホラ見かけますので

停滞期と言う事で様子を見ます

で、ガンガン増える予定で立ち上げた2本の水槽


0002.jpg


こちらは60

アマゾニアノーマルとⅡのパウダー

0003.jpg


こちらは30HI

アマゾニアノーマル・パウダー

どちらも水は出来上がってきています。

ひょっとしたら秋まではラムズ様水草になりそうです

早く涼しくなって欲しいし

夏休みは海でガンガン遊びたいし

複雑な気持ちの今日この頃です。

賢い人

その人は近所の公園で生活しています

お風呂にも入っているのかそんなに汚いってイメージではありません

ちゃんと公園の木にロープを張って洗濯も布団干しもしています

家の子が保育園に通っている頃から居ますので彼此4年は住んでいます。

でも、ず~~~っとココに居るのかなって思ってたんです

そしたら、

今日、病院に配達に行くと

病院の待合室のテレビの前に

ちゃんと無料で涼しい所しってるんだなぁ~

ちょっと感心してしまいました。

で、主人に話すと「雨の日も居るよ」だって

恐怖の夏休み

昨日より本格的な夏休みが始まりました。

勿論、私じゃなく子ども達

長女は英語の遅れを取り戻す為せっせと塾に

次女は、夏期講習に通い

長男は、学校のプールと予備授業に参加しております。

次女は朝からお弁当で夕方まで

残りの二人は関心にお昼になると帰ってきます。

勿論、「お腹がすいた~~~」です。

朝 4合の米を炊きますが朝で完食

夜は5合で完食

な・なんと牛乳とトイレットペーパーの消費率も早い

牛乳は2リッター・ペーパーは一日一個

それとは別に麦茶が2リッター

そして、それぞれの塾代に夏休みの旅行費用

あっ車の保険代も来る

諭吉さんが羽ばたいていく~~~

先日払った私の税金・・・そう 収入は何年も変わらないのに

妙に上がったアノ税金 いったい何に使ってるんだろう

夏休み終了までに諭吉君は何人飛んでいくんだろう

毎日、37度前後の調理場で仕事してるのに

泡のようだー

税金返してー夏休み終わってー

未だ2日しか経ってないのに・・・・



大掃除

今日は新しい家族を迎える為に大掃除をしてました

大掃除を一日してましたが、元々余りにも汚いので

一日掃除したぐらいでは追いつきませんでした

新しい家族は主人の母ではありません

ちなみに赤ちゃんでもありません

夏休みが終わったらお迎えに行く予定です。

さ~頑張ってお掃除しないと

お爺さんⅡ

今日の昼過ぎに以前話したお爺さんの家から注文が

中年の男の人の声

注文の量も多い

で、図々しい私は電話口に出た男の人に

「すいませ~~ん お爺さんは」って

聞いてしまいました

そしたら、「私、長男なんです」

「今日 送ってきましたか又お世話になりますが宜しく」

で、早速 ご注文の品をお届け~~~

ピンポーンと鳴らすと

元気なお爺ちゃんが登場

お子さん達も皆さんお揃いで

2~3日は娘が泊ってくれるが又お世話になりますよ

って言っていただけました 良かったです

良いご報告ができました

キター◎───o(^_^o)かな

この水槽 エビ団子が段々小さくなってます

01.jpg



でも、捨てたモンじゃありません

だって 初めてなんですもん

後ろの方に子株が出てます

02.jpg



2つ出たんですが一つはスネールがいたずらして

掘り起こしてしまいました

で、植えなおして様子見てます

そして、コレはと期待する子が

03.jpg


04.jpg


発展途上の我が家の水槽も少しづつ前に歩き出したかな

やっと少しお顔に白が入ったのではと

今、我が家の選別野郎が移動教室に行ってますが

家を出る前に

「卵 離したのが居るからね」って念を押されてました。

4泊5日で明日帰ってきます

きっと喜んでくれると思います。

一枚目の影像のエビ団子はかなり小さくなりましたが

きっと又、大きなエビ団子になってくれると信じて頑張ります


もり蕎麦と、ざる蕎麦の違い

これって出身地違いなどで

いろいろな説があります。

我が家の創業は天保元年に東京四谷に総本店を

そして千住に曽祖父が開店

しかし、戦争で郷里に終戦後今の場所に開店しました。

なので、関東の説とでも言いましょうか

先ず、もりとざるの違いには御汁の違いが有ります。

そこで御汁の説明を

味醂・醤油・粗目砂糖を合わせかえしを作ります。

こえを瓶に寝かして味の基本となります。

このかえしを出汁と合わせて御汁になるのですが

出汁は亀節・そおだ節・さば節を洗い蒸かし削ります。

釜にお湯を沸かし鰹節を一気に鰹節が踊る程度に煮立たせて45分

濾して出来た物を一番だしと言います。

一番だしかえしを合わせたものを御汁と言います。

そして一度濾して残った鰹節を半量のお湯で45分沸かしたのを二番だしと言います。


本来、この二番だしかえしを合わせた物がもり汁になります。

ざるは一番だしかえしを合わせたのがになります。ざるの汁

私の聞いたもり・ざるの違いはこんな感じでした。

で、我が家は・・・・

薄利多売の我が家は当然、御汁を分ける事は不可能

で、海苔をつけて違いをという手段に出ているようです。

今の蕎麦屋の殆んどはそんな感じでしょうか

我が家の汁はすべて一番出汁を使って作っています。

で、蕎麦の食べ方として

食事として食べる場合は箸で蕎麦をつまみ

裾の部分だけを汁に付けて一息ですすれる程度

香り・喉ごしを楽しむと言います。

又、ツマミで蕎麦をと言う方は少し時間が経って水が切れた状態の
蕎麦を御汁に浸してすする
水が切れて水分を吸う分、味が濃くなり御汁が楽しめてツマミになると言います。

どちらも美味しい御汁は蕎麦湯で最後まで楽しんでいただきたいと思います。

長ったらしく書きましたがご理解いただけたでしょうか

あくまでも私が聞いた話で土地柄や時代によって違いがあるようです。

長々とお付き合い頂きありがとう御座いました

今度こそはエビネタ頑張ります

プロミスより大人のマナー

皆さんはどうやってお蕎麦食べますかぁ~

我が家は日本蕎麦屋ですが、支那そばのなごりから

ラーメンというメニューも存在しています。

そこで、レンゲの話題を

最近、お客さんの中で「レンゲください」って方が多いんです。

勿論、鍋焼きうどんなど直接口をつけられない

器に入っているものは最初から付けていきます。

そうです 世の年波ラーメン屋さんの影響のようです。

レンゲは本来、麺少量のスープを一口で口に運べる程度

乗せて口に運ぶ事がマナーのようです。

皆さんはどのような時にレンゲ使われますか

私は、小さい頃死んだ爺さんに

片手で丼(茶碗)をもてる物は

口元まで持っていって食べなさい

そんな事を言われた覚えがありますが

今の方は手で丼を持ちません

今日、白のワンピースを着ている女性二人連れ(一人はジーパン)

「白い服着てるときは蕎麦はたべれないのよね~~」

と、言いながら食べてました。

丼を口元まで持っていけば一番 汚さないで食べれると

でも、お客さんに流石にコレは言えません

日本の古し習慣は、無くなっていくのかなぁ~

そんな事を思う今日この頃でした






お爺ちゃんその後

今朝のお話のお爺ちゃん

今日 インターホンを鳴らしてみましたが

誰も出てきませんでした

で、心配になり1階のテナントの薬局さんに

「ね~ね~おじいちゃん見た」

「そう最近見ないよね~~

「呼んでみたら」

「呼んだけど出ないのよ~」

「聞こえないのかな」

「おかしいね~」

そこに近所のおばさんが登場

「そういえば、娘さんが来て車に乗って行ったよ」

「じゃ~娘さんの所に行ってるのかな」

と、言う事で暫く様子を見ることに

数日後にもっと良いご報告が出来ますように

今日は店の前にこんなお客様が

知ってる人は知っている

我が家は東京の満々中

とてもこんなお客様が来るとは思えないんですが

先日の蛇に次いで

070711_0756~0001.jpg


シャッターの隙間に居たんです。

早速、息子が学校に持って行きました。

お友達に見せると

そんな中、主人と話題が

毎日来るお爺ちゃんなんです。

実は同居していたお婆さんが家の店の前で転んで

腕の骨を折ってしまいました。

それをきっかけにボケがでて施設に

お爺ちゃんは頑張って一人暮らしをしてました

お婆さんが帰ってくるときに今までの家が良いからと言いながら

昼は丼物とお蕎麦を配達

夜はお店に来てくれるんです。

自転車で来るんですが足がヨボヨボしていて

歩くより楽なんだって言いながら

なのに。先週から来ないんです

どうしたんだろうと心配です。

今日、様子を見に行こうと思ってます

どうしたんだろうなぁ~~~

元気ですよ~~~

昨日、ガン寝したせいで今日は少し元気

流石に月曜日から呑みに来るお客さんも居なくて

早く帰れたので、久々にデジ一を引っ張り出してみました

ご飯はケールをあげて

1.jpg





2.jpg


3.jpg



4.jpg



5.jpg


ポツポツ落ちたりもしてますが

チビチャンも見えたり

このアップダウンが止められないのかな~

お写真の方は練習不足がもろに出てますが

ま~ご愛嬌と言う事で

一週間の始まり

お休みは直ぐ終わっちゃいますね

結局、子ども達が帰ってからは

子どもとDVDを見ながら居眠り

夕食は、冷蔵庫にあるもので済ませ

お風呂に入り横になりました。

そうなんです寝て過ごしたんです。

水槽は、特に変わった事も無く

★も出てますがチビもチラホラ

暑い時期は暫くこのペースでしょうね

さ~一週間又お仕事です

頑張って行ってきまーす

今週はチビチャン一杯見られるかな

おやすみ

我が家は自営

当然、私も仕事をしています。

朝、長女を送り出す為お弁当準備

そして、次女・長男も学校に出掛けます。

旦那はその頃、起きてきて朝食を食べ

仕事に・・・

私は、片付けて仕事に

仕込が早く終わると開店まで少し座ります。

そして、夕方までは殆んど立ち通し(殆んどの日が昼食抜き)

夕方、5時過ぎに長男が帰ってくると同時に

一度部屋に戻り、洗濯・夕食・お風呂の支度を済ませ

子どもに夕食を食べさせ一路仕事に

今度、帰るのはお客さんの都合もありますが

大体、9時前後

そしてお風呂に入り子ども達の食べ散らかしを片付け

洗濯機を回すと私の時間(ほんの数分です)

次女が、帰りそして夕食お風呂、宿題などを済ませます。

旦那は10時前後に帰り長男とゲームなどをしてます。

次女の用事が済むと12時近くの日も

そして、横になります。(横なり3秒)

毎週日曜日が休みですが今日も次女のテスト

勿論、毎週ではないですが7月で無いのは22日だけです。

朝、7時半に家を出て送りに行きます。

旦那は寝ています。

次女を送り帰って来ると他の子供が「お腹すいた~」

食事をさせて10時半ごろ

水槽を眺めていると旦那が起きてきます。

少し横になりたいのを尻目に

何か食べる物無い?

今、やっと次女のテストのお迎えに出て行きました。

ほかの子ども連れて

何故、掃除をしておけと言う事らしい

自分はきっと子供たちと何処かで昼ごはん食べて

ゲームセンターにでも行って帰ってきます。

夕食は何と言いながら

面白くないので私は寝ます。

きっと帰ってくるとブツブツ文句を言いますが

知らん顔して寝ます。

空腹がピークになると何処かで夕食を調達するか

食べに行こうといいます。

ソコまで寝ます。

と、言いながら誰も居ない部屋が嬉しくて

パソコンの前に座り込んでます。

お休みって短いな~~~って思いながら

それでは皆さんおやすみなさい

今日で12歳になりました。

我が家の選別野郎の名前を持つ次女

今日で12歳になりました。

思い起こせば陣痛が始まって主人に

「病院連れてって~~」と言ったのが昼の10時半頃

主人は「天婦羅揚げてからでも良い」なんて言いながら

全然病院に連れて行ってくれる気配なし

もう産まれそうで我慢できない私は

荷物を持ってタクシーに

主人が後から「俺も乗るよ~」とタクシーに飛び乗り

一路、病院に

そして、産科まで行くと

「お昼、始まるから又来るね」だってー

さっさと帰ってしまいました。

そして、看護婦さんと私

「あの~もう産まれそうなんですけど」

じゃ~ちょっと見てみるね

「頭、出てる」

「早く分娩台に」

「先生呼んできて

急いで分娩台に・・・・数分経ったんでしょう

「おぎゃーおぎゃー」と

そう、産まれちゃったんです11時48分でした。

「先生来るまで待っててね」

「ハイ元気な女の子です」

「私のする事はなさそうね」と先生

分娩台から電話すると主人が

「えっ・もう産まれちゃったの」

「明日にしてくれれば良かったのに~~~~

「女の子、男が良かったのにー

立会い分娩したかった私は怒りがこみ上げてきて

名前は、平成7年7月6日産まれ女の子

考えてなかった なまえ

次の日

平成7年7月7日に同室の人が女の子を産んだ

ご主人に手を握られ病室に戻ってきた

赤ちゃんの名前は7が三つで七三(ななみ)ちゃん

じゃ~家の子は7が2つで成実(なみ)

あれから早い物でもう12年経ったんです

私も歳を取りますが子供の成長を楽しみに

もう少し頑張ろう

そんな事を思う今日この頃でした。

今日はささやかながらお祝いを

小さなケーキを用意して娘の帰りを待ちます。

今日はこんな素敵なお客様です。

今日は知らない間に亡くなったお婆ちゃんの部屋の前にお客様が・・・

次女が学校から帰った時は居なかったらしいんです。

そして、15分位して塾に行こうと階段を下りてきたらこんなお客様が


都会の満々中で何処から来たんでしょうか



070705_1644~0001.jpg



070705_1646~0001.jpg


何処から来たんでしょう

娘は階段を降りれずに携帯で℡をしてきました。

慌て階段を上がると

確かにいます

仕方が無いのでそば粉の袋に入れ裏のお墓に


070705_1656~0001.jpg


粉が付いて白い蛇になってました。

私の母の実家では蛇は守り神なんて言われています。

家の中は隣接している為締め切り状態

店では6人ほどの人間がウロウロしていますのでどうして入り込んだかは不明

家では蛇大嫌いの婆さんが生まれ変わったんじゃないなんて冗談が

そんななか粉の付いた白蛇は姿は自然に帰りました

娘、二人 どちらがしっかり物~( ̄▽ ̄~)

実は家の次女凄い倹約家

塾の往復を普段は自転車

しかし、雨が降るとバスで

そのバス代を歩いて往復して何と五千円を溜め込んでました

しかし、所詮子供の事

お祭りの出店で、何と的屋のお兄さんのくじ引き

上手いこと言われて全部巻き上げられ半べそ

その辺から一層しっかり物に

今日は何と景品で貰った図書券を出してきて

次女「ねーねーお姉ちゃんコレ買ってよ」

長女「いくらの?」

次女「\500円」

本屋さんに入り浸っている長女は直ぐに反応

長女「\300円なら良いよ」

次女「えーっ\300円・・・

   「\500円じゃないの~~」

長女「当たり前だよ

次女は散々考えてた

ママ「ママなら\400円で買ってあげるよ

次女「じゃあママに・・・」

長女「じゃあ私\410円」

どちらがしっかり物かわかりませんが

交渉は成立したようです

寄せて上げて~~~

どの世界でも寄せて上げて綺麗に見せますが

我が家でも浅草経由、小田原産の水槽

我が家で今、唯一増えている水槽から

素敵な子を寄せてみました

こんな素敵な子も出始めましたので

070703_1817~0001.jpg
(相変わらず携帯ですいません)

ハーレムを作りました

何とか増えて底上げをしたいです。


こんな可愛いお客様です。

土曜の夜にこんな可愛いお客様が

070630_2255~0001.jpg


この子は家で仕事をしてくださっている方のお宅で、飼われる事に

子供達からは「家にも欲しい~~~」

と言われ大変でしたが

次女の受験が終わるまでは我慢しなさいと主人が

前の犬を亡くした時に主人と号泣しましたので

私達夫婦は余り気が進みませんが

犬は大好きなのでほんの一時家族で楽しませていただきました

そして、犬を持ってきてくださったお客様に

水槽をチェックしていただき

チョッと安心して週末を過ごしました。

安心していたのが良いのか昨日は★無しで過ごせています


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。