うるさいママのエビ日記

うるさいママのエビ日記です。 子供三人と旦那・エビを飼育中です。 水槽をのんびり眺めるのが自分の時間です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは誰とラーメン食べますか(初恋?編)

我が家はとんでもなく親を楽しませてくれる息子が居ます。

そんな息子は今5年生

学校では忘れ物の常習犯

先生にはいつも・・・のクレームがついてます。

でも、今年の先生は様子が違うようです。

息子には15人のクラスメートが居て10人が男の子 5人が女の子

女の子の5人は二人の男の子  増田君北原君に夢中

家の息子は『僕のことを好きになってくれる人はいるのかな~』と思っていた様子

そんな時に母は『先生は君の良さをきっと知っててくれるよ』そんなはなしをしてました。

そんな中、先生を囲む飲み会がありました。

息子の先生は若くて綺麗な女の先生

でも、お酒は強く生ビール数杯 サワー数杯 ワイン4本以上?

でも楽しかったようでした。

忘れ物の常習犯の息子は『いつも怒られてるの』と、言ってましたが

自分の気持ちの変化に気がついた様子

毎日のように通るラーメン屋さんの前

僕、ここのラーメン食べたいんだけど

ママ『パパを誘えば~』

息子『パパはメタボだからラーメン食べないよ』

ママ『じゃー彼女でも誘えば~』

息子『でも、ラーメン御馳走するほど僕 小遣い持ってないんだよね~』

ママ『じゃーママが貸してあげるよ』

息子『なんて誘おうかな??  僕 お酒飲めないんだど大丈夫かな』

さて息子は先生を誘えるでしょうか??

『男はお家まで送っていくんだよね

 僕と居て楽しいと思ってくれるかな?』

さーて卒業するまで後一年と4か月

息子は誘えるでしょうか?

そんな事を考えながら誰と二人でラーメンを食べるんだろう

ちなみに私は主人と二人でラーメン食べました。

皆さんは誰とラーメン食べるんでしょう

誰と食べましたか??

あーっ酔っ払いすぎのうるさいママでした。

おやすみなさい


スポンサーサイト

綺麗なお姉さんは・・・大変なんです。

今日は昨日より少し冷え込んでお昼時を過ぎてもソコソコ混雑した状態

そんな中、綺麗なお姉さんたち三人組がご来店いただきました。

御注文は、たぬきそば・たまごとじそば・天ぷらそば

注文を聞き急いでご用意

当然、他のお客様のご用意、ご来店がありますので私はバタバタ

お姉さん三人組の御注文をご用意して次のお客様のご用意を

でも、何故かこの三人お蕎麦に手をつけません

どうしたんだろう・・・とおもいながらも他のお客様のご用意を

お姉さん達も私がバタバタしているので話しかけられなかったんでしょうか

ちょっとして『すいませーん』

気になっていたので待ってましたとばかりに『は~い』

初めてでした

『すいませ~ん お箸とってください』

あっ 箸が解らなかったんだ・・。と、思ったら

違うんです

我が家のお店の箸置きは縦型の家の形をしたタイプ

そうなんです 

お姉さんたちはご自身達のお爪が邪魔して箸が取れなかったんです。

三人居て、誰が取るかを話し合っていたらしいですが

皆様、それなりにお高いお爪を着けていて

結局、店員に頼もうと思ったみたいです。

皆さんも、お爪のお手入れ直後の蕎麦屋はお気を付けください。

尚、困った時はお気軽に店員までお声をおかけくださいね

と、言う事で久々のお店ネタでした。  チャンちゃん

90

先日の休みは久々の水遊び

そう、我が息子の罪滅ぼしに学校水槽をリセットしに行ってきました。

で、うちの息子は5年生ですのでそろそろ卒業の事も考え

お手間の少ない大磯にしてきました。

でも間抜けなのがお写真も撮らないで帰って来ました。

今までは気になりませんでしたがリセットするのに90サイズは大変

やはりお年を感じてしまいました。

ちなみにアクアリストのお兄さんも一日お手伝いをいただきました。

それでも朝9時から初めて終了したのは夕方4時でした。

教訓 『40過ぎたら水槽サイズは60センチで我慢』

さ~一週間お仕事がんばろう

息子との会話

最近、担任の先生から電話があり

『お宅の息子さん夏休みが終了してから教科書持ってこないんですけどー』

私はびっくりして息子に『教科書どうしたの?』

息子『捨てた・・・だって下巻が来たから上巻はいらないと思ったんだもん』

ぎょえーっと思い息子の部屋を探索するとゴミ袋に入った教科書を発見

で、先生に『今度忘れ物したら廊下に座らせてください』

先生『何度かやったんですが余り効き目がありません』

そこで私が『今度息子が忘れ物をしたらお母さんに正座してもらう約束をしてる』と言ってください

そんなこんなで息子と私 先生の忘れ物攻撃はママに軍配が上がりました

そんなこんなで数日が経ちました。

先日の日曜日家族で食事に出た帰り道酔っ払いのママに

『僕はママを連れて帰ってあげるから心配しないでね~

  大きくなっても一緒に住もうね』

嬉しいことを言ってくれますがふっと

『君が一緒にいるのはお嫁さんと君の家族でしょ ママじゃないのよ』って言ってみると

『でもー僕のクラスの女の子は、増田君か北原君が好きで僕のこと好きな人いないんだよね~』

『そっか~じゃー先生は』
先生は若く綺麗な女の先生で少なくても私より息子に年が近いかも

そこで息子が

『先生でも良いんだけど そしたら僕 毎日怒られてるんだよね~』

『外に出されて帰るところ無くなるんだよね~』っと真剣に悩んでました。

かわいいなと思ってる横で主人が正に今の俺だと身にしみてました

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。